医療行政最前線11/7号医師偏在の度合い示す新たな「ものさし」

株式会社日本医療企画

2018-11-07

 厚生労働省は9月28日、医師需給分科会の第22回会合を開き、「医師偏在指標」について議論した。

 現在、地域ごとの医師数の比較には、主に「人口10万対医師数」が指標として用いられている。しかし、▽医療需要(ニーズ)および将来の人口・人口構成の変化、▽患者の流入出等、▽へき地等の地理的条件、▽医師の性別・年齢分布、▽医師偏在の種別(区域、診療科、入院/外来)──などの要素が考慮されておらず、医師の地域偏在、診療科偏在を統一的に測る「ものさし」として機能していないという課題を抱えていた。

 そこで、「現在・将来人口を踏まえた医療ニーズに基づき、地域ごと、診療科ごと、入院外来ごとの医師の多寡を統一的・客観的に把握できる、医師偏在の度合い示す指標」として新たに提案されたのが、「医師偏在指標」だ。都道府県が策定する医師確保計画における医師数の設定、大学医学部の地域枠・地元枠の設定などに活用される予定だ。

今回示された医師偏在指標の計算式は次のとおりだ。

医師偏在指標=標準化医師数*1/地域の人口÷10万×地域の標準化受療比*2

 なお、医師偏在の種別では無床診療所の医師数が病院・診療所の医師全体の3分の1を占め、主に開設が都心部に集中しているため、地域の外来を担う無床診に地域偏在があると指摘された。そこで、診療所の医療提供体制の地域偏在の現状分析を行い、今後の外来医療機能の不足・偏在等への対応を検討する考えも示した。


* 1:標準化医師数とは、年齢・性別の平均労働時間を調整した勘案した医師数を指す
* 2:受療率について、地域の年齢・性構成の違いを調整したもの

人気記事

在宅医療の歴史

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

在宅医療の歴史
2019-01-30
在宅医療最前線

【在宅たかせ塾】ケアと薬の最適化(1)

髙瀬 義昌(医療法人社団至髙会 理事長)

【在宅たかせ塾】ケアと薬の最適化(1)
2019-07-17
在宅医療最前線

在宅医療が上手くいく「特殊性3ヶ条」とは

Dr.英 裕雄(新宿ヒロクリニック 理事長)

在宅医療が上手くいく「特殊性3ヶ条」とは
2016-04-27
在宅医療最前線

「継続的に利益を出す方法」 私が指南します。

菅谷 太一(ハウスリンクマネジメント株式会社)

「継続的に利益を出す方法」 私が指南します。
2016-04-27
ライフスタイル

関連記事

医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
キャリア
プレドクを運営するソシオメディカルが中日新聞に掲載されました!
2016-11-22
キャリア
診療所開業セミナーを10月21日に開催致します。
2017-10-03
キャリア
ソシオ通信2017年秋号
2017-11-22
キャリア