医療行政最前線4/17号2017 年患者調査 年々減少する入院患者に対し在宅医療は増加

株式会社日本医療企画

2019-04-17

 厚生労働省は3月1日、2017年患者調査の概況を公表した。調査の対象となったのは、病院6427軒、一般診療所5887軒、歯科診療所1280軒だ。なお、推計患者とは、調査日当日に、「病院」「一般診療所」「歯科診療所」で受療した患者の推計数を指す。

 調査日に全国の医療施設を受療した推計患者数は、入院で131万2600人。施設種類別の内訳は、病院127万2600人、一般診療所3万9900人だった。一方、外来は719万1000人で、施設種類別の内訳は、病院163万人、一般診療所421万3300人、歯科診療所134万7700人だ。

 推計患者数の年次推移を見ると、入院は08年から減少しており、外来は05年からほぼ横ばいとなっている。この数字から、多くの病院が苦戦していることがわかる。年齢別でみると、入院では「0〜14歳」「15〜34歳」「35〜64歳」は減少傾向で、「65歳以上」は増加傾向になっている。外来も、「65歳以上」は増加傾向となっている。

 さらに、在宅医療の状況についても調査している。推計患者数は18万100人。施設種類別にみてみると、病院2万300人、一般診療所10万5200人、歯科診療所5万4600人だった。また、在宅医療の種類別では、総数では「往診」4万4300人、「訪問診療」11万6300人、「医師・歯科医師以外の訪問」1万9600人となっている。

 なお、在宅医療を受けた推計外来患者数の年次推移は、05年まではほぼ横ばいであったが、08年からは増加を続けている。このことから、在宅医療のニーズは増加傾向にあるとわかる。

人気記事

在宅医療の歴史

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

在宅医療の歴史
2019-01-30
在宅医療最前線

【在宅たかせ塾】ケアと薬の最適化(1)

髙瀬 義昌(医療法人社団至髙会 理事長)

【在宅たかせ塾】ケアと薬の最適化(1)
2019-07-17
在宅医療最前線

在宅医療が上手くいく「特殊性3ヶ条」とは

Dr.英 裕雄(新宿ヒロクリニック 理事長)

在宅医療が上手くいく「特殊性3ヶ条」とは
2016-04-27
在宅医療最前線

「継続的に利益を出す方法」 私が指南します。

菅谷 太一(ハウスリンクマネジメント株式会社)

「継続的に利益を出す方法」 私が指南します。
2016-04-27
ライフスタイル

関連記事

医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
キャリア
プレドクを運営するソシオメディカルが中日新聞に掲載されました!
2016-11-22
キャリア
診療所開業セミナーを10月21日に開催致します。
2017-10-03
キャリア
ソシオ通信2017年秋号
2017-11-22
キャリア