医療行政最前線5/8号日本医師会 働き方改革と救急医療に関する緊急調査結果を公表

株式会社日本医療企画

2019-05-08

 日本医師会は4月10日の定例記者会見で、3月に実施した「医師の働き方改革と救急医療に関する日本医師会緊急調査」の結果を公表した。
 同調査は、①都道府県の認める2次救急医療機関およびこれに類する救急医療機関(救急告示病院等含む)、②3次救急医療機関または、小児救命救急センター、③(総合・地域)周産期母子医療センター──を対象に行われた。

 まず、今後5年間で、救急部門の医師の時間外勤務時間を月80時間(年換算960時間)以内にすることは可能という問いに対し、①で年間救急車受け入れ台数1000台以上の2次救急の48%が「おおむね可能、すでに対応できている」と回答。さらに1000台以下の2次救急に関しては、71%に上った。また、②、③の約40~50%も「おおむね可能、すでに対応できている」としている。

 一方、他院での勤務も含め、今後5年間に時間外勤務時間を年1860時間以下にできるかは、1000台以上の2次救急と②、③の約5割が「おおむね可能、すでに対応できている」とした。ただ、いずれも「医師の半数程度は可能」「3分の1程度は可能」という回答が5~10%あり、対応策に「医師の増員」(52%)を挙げた。

 日本医師会常務理事の石川広己氏は、「大部分が働き方改革に対応できるが、一部の医療機関・地域では難しい状況にある」とし、各種政策による改善に期待を寄せた。また、本調査を踏まえ、来年度の予算概算要求への要望書(案)の新たな項目として、「『かかりつけ医』機能および身近な入院機能を担う中小病院や有床診療所への支援」を盛り込む方向で検討するとした。

人気記事

在宅医療の歴史

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

在宅医療の歴史
2019-01-30
在宅医療最前線

【在宅たかせ塾】ケアと薬の最適化(1)

髙瀬 義昌(医療法人社団至髙会 理事長)

【在宅たかせ塾】ケアと薬の最適化(1)
2019-07-17
在宅医療最前線

在宅医療が上手くいく「特殊性3ヶ条」とは

Dr.英 裕雄(新宿ヒロクリニック 理事長)

在宅医療が上手くいく「特殊性3ヶ条」とは
2016-04-27
在宅医療最前線

「継続的に利益を出す方法」 私が指南します。

菅谷 太一(ハウスリンクマネジメント株式会社)

「継続的に利益を出す方法」 私が指南します。
2016-04-27
ライフスタイル

関連記事

医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
キャリア
プレドクを運営するソシオメディカルが中日新聞に掲載されました!
2016-11-22
キャリア
診療所開業セミナーを10月21日に開催致します。
2017-10-03
キャリア
ソシオ通信2017年秋号
2017-11-22
キャリア