医療行政最前線5/19号病院経営動向調査
一般病院の医業収益・利益など前回調査とほぼ横ばいの同水準の結果に

株式会社日本医療企画

2020-05-12

福祉医療機構(WAM)は4月3日、病院経営動向調査(2020年3月実施)の結果を発表した。調査は3月2日~23日、対象は372施設、320病院からWEBにて回答を得た(回答率86・0%)。
調査によると、景気変動を判断するための指標であるDIは、一般病院の医業収益は14で、19年12月の前回調査とほぼ同水準であった。

医業費用のDIもほぼ同水準の53で、医業利益のDIは、前回調査から1%ポイント低下し、マイナス20となった。
また、医業収支(黒字・赤字)のDIは、前回調査から4%ポイント低下し、8に。資金繰りのDIは、2%ポイント上昇し、マイナス5となった。

従業員数のDIは、前回調査から5%ポイント上昇し、マイナス24。医師の確保のDIは、1%ポイント低下し、マイナス64となった。さらに、看護師の確保のDIは、10%ポイント低下の、マイナス55で、コメディカルの確保のDIは、3%ポイント低下の、マイナス39となった。

一般病院の病床利用率のDIは15%ポイント上昇して1となった。一方、患者一人1日当たりの入院単価のDIは4%ポイント低下し、8となった。療養型病院の医業収益のDIは5%ポイント低下して、マイナス28。また、精神科病院の医業収益のDIは4%ポイント低下し、マイナス31だった。

先行き予測については、一般病院の医業収益は減少する一方で、医業費用が増加し、医業利益も低下すると見込まれている。課題としては、新型コロナウイルス感染症による外来患者減少や衛生材料不足などの声が挙がった。次回は20年6月に調査を行い、7月に公表予定。

人気記事

看護師を公平に扱えるか

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

看護師を公平に扱えるか
2020-05-26
在宅医療最前線

在宅医療が上手くいく「特殊性3ヶ条」とは

Dr.英 裕雄(新宿ヒロクリニック 理事長)

在宅医療が上手くいく「特殊性3ヶ条」とは
2016-04-27
在宅医療最前線

「継続的に利益を出す方法」 私が指南します。

菅谷 太一(ハウスリンクマネジメント株式会社)

「継続的に利益を出す方法」 私が指南します。
2016-04-27
ライフスタイル

2歳の息子が「パパ、今日オンコール?」

Dr.渡辺 英靖(横浜まちだクリニック 院長)

2歳の息子が「パパ、今日オンコール?」
2016-04-27
在宅医療最前線

関連記事

医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
キャリア
プレドクを運営するソシオメディカルが中日新聞に掲載されました!
2016-11-22
キャリア
診療所開業セミナーを10月21日に開催致します。
2017-10-03
キャリア
ソシオ通信2017年秋号
2017-11-22
キャリア