医療行政最前線9/1号調査 日本老年医学会
重度の認知症患者ほど新型コロナの心身への影響大

株式会社日本医療企画

2020-09-01

 日本老年医学会は8月4日、「認知症患者に対するCOVID-19の影響調査の報告」を発表した。これは、新型コロナウイルス感染症の拡大下における認知症の人の実態やニーズ、それに対する取り組みを明らかにすることを目的としている。

 調査対象は、全国の高齢者医療・介護施設、介護支援専門員(全国751人)である。なお、対象となった介護支援専門員については、4月7日に緊急事態宣言を発令した7都道府県からが全体の20%を占め、6月18日から7月10日にかけて地域の偏りなく実施されたとしている。

 調査によると、心身への悪影響については、軽度・中等度の認知症患者で「認知機能の低下」が53.8%、「ADL低下」が43.7%、「行動心理症状が出現・悪化」は30.8%に上った。また、重度の認知症患者では、「認知機能の低下」が67.3%、「ADL低下」が57.4%、「行動心理症状が出現・悪化」は41.4%となり、いずれの場合も重度の認知症患者のほうがより重篤な影響を受けていることがわかった。

 また、介護サービスの利用状況について聞いたところ、変化があったのは78.7%だった。そのうち、日常生活における具体的な変化に関しては、「他の方との触れ合う時間が減った」(78.7%)が最も多く、次いで「身体を動かす時間が減った」(77.5%)、「入浴や清拭ができなくなった、あるいは回数が減った」(30.8%)などが多かった。なお、家族の介護状況について、「利用状況に変化あり」と回答した人によると、72.6%が「家族が介護を行った」と回答している。

人気記事

調査 日本医師事務作業補助研究会<br>配置施設の約8割が医師事務作業補助者の配置による負担軽減を実感
2020-09-15
キャリア

ハニートラップ

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

ハニートラップ
2020-09-02
在宅医療最前線

在宅医療が上手くいく「特殊性3ヶ条」とは

Dr.英 裕雄(新宿ヒロクリニック 理事長)

在宅医療が上手くいく「特殊性3ヶ条」とは
2016-04-27
在宅医療最前線

「継続的に利益を出す方法」 私が指南します。

菅谷 太一(ハウスリンクマネジメント株式会社)

「継続的に利益を出す方法」 私が指南します。
2016-04-27
ライフスタイル

関連記事

調査 日本医師事務作業補助研究会<br>配置施設の約8割が医師事務作業補助者の配置による負担軽減を実感
2020-09-15
キャリア
医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
キャリア
プレドクを運営するソシオメディカルが中日新聞に掲載されました!
2016-11-22
キャリア
診療所開業セミナーを10月21日に開催致します。
2017-10-03
キャリア