医療行政最前線9/15号調査 日本医師事務作業補助研究会
配置施設の約8割が医師事務作業補助者の配置による負担軽減を実感

株式会社日本医療企画

2020-09-15

 医療関係者および市民に対する医師事務作業補助者の実務能力の向上、業務環境改善、医師事務作業補助領域の開発および普及に関する事業を行っている、NPO法人日本医師事務作業補助研究会は8月5日「医師事務作業補助者調査」の結果を公表した。

 対象は、1万1521医療機関(病院8324施設、在宅両方支援診療所3197施設)。調査方法は、配置管理者に紙またはWEB形式で回答してもらう施設調査と、実務者にWEB形式で回答してもらう実務者調査が行われた。なお、有効回答数は、1686施設、実務者3135人だった。

 施設調査では、近年「医師事務作業補助体制加算」を届け出ている施設は近年増加しており、医師事務作業補助者の配置効果について、96.9%が、「医師の事務作業負担がよくなった」と回答。また、「医師の精神的負担がよくなった」との回答も72.7%に上った。
一方、実務者調査における配置効果を尋ねる設問においても、「医師の負担軽減・働きやすさ」に対し、86.6%が「つながっている」と回答。また、医師以外にも、「看護師の負担軽減、働きやすさにつながっている」との回答も61.2%に上ったほか、「患者サービス向上」への寄与も63.7%がつながっていると答えている。

 なお、医師事務作業補助者が担っている業務の内容について尋ねたところ、「保険会社様式診断書」(82.8%)が最も高かった。次いで、「病院様式診断書」(77.7%)、「介護保険主治医意見書」(71.3%)、「外来・検査の指示」(67.2%)、「外来診察予約・変更や調整」(65.9%)──などが挙げられた。

人気記事

調査 日本医師事務作業補助研究会<br>配置施設の約8割が医師事務作業補助者の配置による負担軽減を実感
2020-09-15
キャリア

ハニートラップ

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

ハニートラップ
2020-09-02
在宅医療最前線

在宅医療が上手くいく「特殊性3ヶ条」とは

Dr.英 裕雄(新宿ヒロクリニック 理事長)

在宅医療が上手くいく「特殊性3ヶ条」とは
2016-04-27
在宅医療最前線

「継続的に利益を出す方法」 私が指南します。

菅谷 太一(ハウスリンクマネジメント株式会社)

「継続的に利益を出す方法」 私が指南します。
2016-04-27
ライフスタイル

関連記事

医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
キャリア
プレドクを運営するソシオメディカルが中日新聞に掲載されました!
2016-11-22
キャリア
診療所開業セミナーを10月21日に開催致します。
2017-10-03
キャリア
ソシオ通信2017年秋号
2017-11-22
キャリア