医療行政最前線11/3号調査 エムステージ
黒字・赤字の見通しが新型コロナ前後で逆転 赤字予想が半数以上に

株式会社日本医療企画

2020-11-03

 株式会社エムステージは10月1日、全国188医療機関に実施した、「今後の医療経営に関するアンケート」の結果を公表した。2019年10月~20年3月期と、20年4月~9月期の収益状況の変化についてそれぞれ聞くと、前者では「黒字」(51%)、「赤字」(35%)、「不明、未回答」(14%)と、半数が黒字だったのに対し、後者では、「黒字予想」(31%)、「赤字予想」(52%)、「不明、未回答」(17%)と、新型コロナウイルス感染症の流行期間中に、黒字と赤字の割合が逆転していた。

 さらに、今後の患者の受診見通しでは、55 %が「一定の状況まで回復するが、受診控えは続く」と答え、「コロナ以前の状況に戻る」と答えた割合は20%にとどまった。

 一方、今後の医療経営の対策について複数回答で質問したところ、「経費・固定費の見直し」と回答した割合が62・8%で最も多く、次いで「病診連携・診診連携・地域連携の強化」(59%)、「医療サービスの拡充」(43・1%)などが続いた。しかし、最も重視している打ち手については、「病診連携・診診連携・地域連携の強化」(28・2%)が最も多かった。

 なお、今後の医療経営での留意点について、診療所からは「地域のニーズに応じたサービスを、良好な利益体質で行うこと」「『顧客満足度』の推進は細かな対応に時間を取られ、職員のメンタルヘルスに少なからず害を与える。『職員満足度』へ重きを置くようにして、優秀な人材確保と定着を目指したい。顧客の暴走が目立つようになり、こちらも顧客を選んでいくことが、クレーム対策につながり、業務効率化を図ることはできる」などの自由回答が寄せられた。

人気記事

リサーチ 日医総研<br>診療所の4~10月増収額の累計 無床診療所では前年同期で800万円近く減収
2021-04-06
キャリア

同一建物と単一建物

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

同一建物と単一建物
2019-06-26
在宅医療最前線

面接での変わった出来事

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

面接での変わった出来事
2021-04-07
在宅医療最前線
医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
キャリア

関連記事

リサーチ 日医総研<br>診療所の4~10月増収額の累計 無床診療所では前年同期で800万円近く減収
2021-04-06
キャリア
医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
キャリア
厚生労働省<br>感染症対策実施加算 手厚い感染対策のうえで行われた診療に対し再診料相当を加算
2021-03-29
キャリア
日本感染症学会<br>COVID-19 施設内感染アンケート調査<br>新型コロナの施設内伝播事例  約2割が経験あり  最大で60人規模のケースも
2021-03-02
キャリア