医療行政最前線3/2号 日本感染症学会
COVID-19 施設内感染アンケート調査
新型コロナの施設内伝播事例  約2割が経験あり 最大で60人規模のケースも

株式会社日本医療企画

2021-03-02

 日本感染症学会は2月2日、COVID─19施設内感染アンケート調査の結果を公表した。同調査は、昨今の医療施設内感染の多発に鑑み、今後の発生防止に努めるため過去のアウトブレイク事例に学ぶことを目的に実施された。対象は261医療機関(病院229件、診療所・クリニック29件、その他5件)だった。

 調査によると、新型コロナウイルス感染症の施設内伝播事例の経験がある医療機関は42件だ。さらに、あると答えた医療機関に伝播事例の規模を聞いたところ、「1人」(6件)、「2人」(5件)、「5人」(4件)などだったが、最も規模が大きかったのは、「60人」(1件)だった。

 また、患者の罹患ならびに職員の職種については、看護師36人、患者32人、医師14人、理学療法士4人、事務職4人、臨床検査技師1人、放射線技師1人、その他9人――だった。また、伝播事例の発端者に関しては、「患者が発端者」のケースが最も多かった。

 さらに、発端者の症状発症から新型コロナを疑い感染防止策を開始視するまでにかかった期間を聞いたところ、「1日」と答えた施設が19軒と最も多かった。また、発生後に行った対応としては、「接触した無症状の職員に対する早期のPCR検査」(40件)、「職員の手指衛生の徹底」(37件)、「職員のマスク装着の徹底」(35件)、「高頻度接触面の消毒」(34件)などが挙げられた。

 なお、アンケート内の現状チェックの設問で、新型コロナの施設内発生時や地域流行に備えた事業計画を作成しているかと聞くと、187の医療機関で「作成している」と回答した。

人気記事

リサーチ 日医総研<br>診療所の4~10月増収額の累計 無床診療所では前年同期で800万円近く減収
2021-04-06
キャリア

同一建物と単一建物

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

同一建物と単一建物
2019-06-26
在宅医療最前線

面接での変わった出来事

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

面接での変わった出来事
2021-04-07
在宅医療最前線
医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
キャリア

関連記事

リサーチ 日医総研<br>診療所の4~10月増収額の累計 無床診療所では前年同期で800万円近く減収
2021-04-06
キャリア
医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
キャリア
厚生労働省<br>感染症対策実施加算 手厚い感染対策のうえで行われた診療に対し再診料相当を加算
2021-03-29
キャリア
厚生労働省 社会保障審議会・医療部会<br>外来機能報告の仕組み<br>報告を行う医療機関の範囲で意見が分かれる
2020-12-01
キャリア