医療行政最前線7/6号エムステージ アンケート調査
職域接種の受託への懸念 ワクチンの打ち手の確保が最も大きな課題

株式会社日本医療企画

2021-07-06

 株式会社エムステージは6月14日、「新型コロナワクチンの職域接種(企業や大学等における接種)」に関するアンケート調査の結果を公表した。対象は全国の医療機関200カ所、そのうち診療所は20%を占めている。

 はじめに、今後、職域接種の依頼を受託するかについて聞くと、「はい」(23%)、「いいえ」(29%)、「まだわからない」(48%)と、調査時点ではまだ半数の医療機関が職域接種への参画を決めかねている状況だった。そこで、受託可否の判断にあたり懸念している点を尋ねると、最も多かったのは「看護師や保健師の確保」(128票)、次いで「医師の確保」(120票)が挙げられ、ワクチンの打ち手の確保が大きな課題になっているとわかる。

 なお、自由回答では、「一般枠が始まった際の混雑が予想できない」「企業訪問時に重度の副反応が発生した際の緊急対応に関しての懸念」「ワクチンの保管・管理は事業所責任か受託機関かなどが不透明」といった声が寄せられた。

 一方、職域接種の受託に対し「はい」「まだわからない」と回答した医療機関へ、仮に受託する場合の実施方法について聞いたところ、「自院での接種」(75票)が最も多く、次に「企業に訪問しての接種」(65票)だった。

 そのほか、自由回答で寄せられた職域接種に関する意見のなかには、「まずはかかりつけ患者さんと健診・ドック受診者さんが優先になると考える」「責務ではあるが、他の新型コロナ対応の問題が山積みで職域接種まで手が回らない」「閑散期の対応であれば検討の余地あり」など、日常診療や他の新型コロナ対応との兼ね合いへの懸念がうかがえた。

人気記事

厚生労働省  中央社会保険医療協議会総会<br>2022年度診療報酬改定に向けた外来およびかかりつけ医機能を議論
2021-08-02
キャリア

同じ土俵に乗らない

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

同じ土俵に乗らない
2021-08-04
在宅医療最前線

面接ではほとんど解らない

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

面接ではほとんど解らない
2021-07-27
在宅医療最前線
医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
キャリア

関連記事

厚生労働省  中央社会保険医療協議会総会<br>2022年度診療報酬改定に向けた外来およびかかりつけ医機能を議論
2021-08-02
キャリア
医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
キャリア
厚生労働省  新型コロナ支援補助金<br>新型コロナに対する医療機関への支援補助金  2021年度も実施
2021-05-03
キャリア
日本病院会 2022年度診療報酬改定<br>2022 年度診療報酬改定に向けた具体的要望31項目の要望書を厚労省へ提出
2021-06-01
キャリア