医療行政最前線6/21号経済同友会 持続可能な財政構造の実現に向けて
骨太2022に向けた提言を公表 医療・介護保険制度にサーキットブレーカー導入求める

株式会社日本医療企画

2022-06-21

 経済同友会(代表幹事=櫻田憲悟・SOMPOホールディングスグループ・CEO取締役代表執行役会長)は4月22日、「持続可能財政構造の実現に向けて」―『骨太方針2022』に対する意見」を発表した。

 提言ではまず「豊かな国民生活の前提となる持続可能な財政構造の実現」を掲げ、▽新型コロナウイルス感染症対策の効果と妥当性の速やかな検証、▽新型コロナウイルス感染症対策にかかる債務償還プランの具体化、▽デジタル社会を前提に、イノベーションを促す規制体系の再設計、▽現役世代に偏った負担構造の見直し、▽独立財政機関の早期創設――を柱として挙げた。

 さらに、社会保障改革の具体的施策として、①データの利活用を通じた給付の適正化と新たな価値創造、②医療・介護提供体制の効率化、③医療・介護保険制度へのサーキットブレーカーの導入、④受診時定額負担の導入、⑤後期高齢者の医療費自己負担2割の対象範囲の拡大、⑥基礎年金のマクロ経済スライドの名目下限の撤廃と拠出期間の延長──の6項目を進めるよう主張している。

 このうち③では、公的年金制度には、年金支給額が自動調整されるマクロ経済スライドが導入され、一定程度の規律が働く仕組みが確保されていると指摘。一方医療・介護保険では、受益と負担の適正化に向け、多様な改革メニューが提言されてきたが、進捗はわずかとした。そのうえで、現在は出来高払いの医療・介護保険にも自動調整機能を盛り込み、医療・介護給付の伸びが経済成長率を上回らないよう、関連法令の改正に向けた議論を始めるべきとしている。

人気記事

夜間の電話はしっかり算定しましょう

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

夜間の電話はしっかり算定しましょう
2022-06-28
在宅医療最前線
医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
医療行政最前線
厚生労働省 2022 年度診療報酬改定<br>「機能強化加算」の要件を厳格化緊急往診等の実績を新設
2022-03-15
医療行政最前線

在宅医療の歴史

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

在宅医療の歴史
2019-01-30
在宅医療最前線

関連記事

医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
医療行政最前線
厚生労働省 2022 年度診療報酬改定<br>「機能強化加算」の要件を厳格化緊急往診等の実績を新設
2022-03-15
医療行政最前線
厚生労働省 2022年度診療報酬改定<br>外来データ提出加算など算定開始は2023年10月から
2022-04-05
医療行政最前線
政府 全世代型社会保障検討会議<br>後期高齢者の窓口負担割合課税所得28万円以上は2割に拡大へ
2021-01-25
医療行政最前線