医療行政最前線8/9号エムステージ アンケート調査
職場でハラスメントを受けたと回答した医師は全体の半数以上に

株式会社日本医療企画

2022-08-09

 株式会社エムステージは6月16日、医師を対象とした「ハラスメントについてのアンケート」の結果を公表した。
 2022年4月から、中小企業においても「改正労働施策総合推進法」が施行。また、厚生労働省の「過労死等の労災補償状況」でも、精神障害の支給決定件数を占める精神障害発症の原因として、「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、または暴行を受けた」などのハラスメント系要因が最も多いという。
 特に、医療、福祉業は、精神障害の労災請求件数・支給決定件数が最も多い。こうした背景のもと、同調査では医師734人から回答を得た。
 はじめに、職場でハラスメントを受けたと感じたことのある割合は55%と半数以上に上り、種類としては「パワーハラスメント」が最も多く、「ペイシェントハラスメント」(患者から医師への嫌がらせ)、「モラルハラスメント」などが続いた。内容に関する自由記述では、「むりやり仕事を押しつけられる」「『なんで仕事があるのに有給使うの?』など、挙げたらきりがない」「へき地への左遷」「処置中に蹴られる」──などさまざまなものが寄せられた。
 ハラスメントを受けた際の行動に関しては、「何もしなかった」(197件)、「上司や同僚、職場に相談した」(115件)、「転職・退職した」(95件)などが多く、相談や転職等もできずにいる人が多い傾向にある。なお、ハラスメントを受けた・見たときの課題として最も多かったのは、「対応方法がわからない」(313件)であり、医療現場におけるハラスメント対応の周知・予防策の徹底が求められると言える。

人気記事

厚生労働省 2022 年度診療報酬改定<br>「機能強化加算」の要件を厳格化緊急往診等の実績を新設
2022-03-15
医療行政最前線

御侍史 御机下

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

御侍史 御机下
2020-11-04
在宅医療最前線
医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
医療行政最前線

在宅医療の歴史

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

在宅医療の歴史
2019-01-30
在宅医療最前線

関連記事

厚生労働省 2022 年度診療報酬改定<br>「機能強化加算」の要件を厳格化緊急往診等の実績を新設
2022-03-15
医療行政最前線
医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
医療行政最前線
厚生労働省 2022年度診療報酬改定<br>外来データ提出加算など算定開始は2023年10月から
2022-04-05
医療行政最前線
厚生労働省 第8次医療計画等に関する検討会<br>在宅医療および医介連携の構築・推進に向けた議論の進捗を共有
2022-09-20
医療行政最前線