医療行政最前線12/12号財務省 財政制度等審議会・財政制度分科会
2024 年度診療報酬改定 診療所の報酬単価の引き下げを主張

株式会社日本医療企画

2023-12-12

 財務省は11月1日の財政制度等審議会・財政制度分科会で「社会保障」をテーマに議論を行った。そのうち、2024年度診療報酬改定における診療所に関する事項にも言及した。

 総括では、診療報酬の本体や薬価など、保険償還の対象となるサービス価格に対し、国民負担を軽減する観点からできる限り効率的に提供するよう、診療報酬の合理化・適正化等を進めていく」必要性を指摘。そのうえで、診療所の経営状況等を「極めて良好」と評し、これを踏まえて、診療所の初診料・再診料を中心に報酬単価を引き下げるなどにより現場従事者の処遇改善等の課題に対応しつつ、診療報酬本体をマイナス改定にすることが適当だと主張した。

 また、財務省はこの提言に関するデータとして、診療所における収益・費用・利益の状況に関する集計や、診療所における1受診当たりの医療費の推移および物価上昇率の比較などを提示した。

 それによると、20年度から22年度の直近3年間の各医療法人における事業報告省等をもとにした集計では、診療所の収益は過去2年間で12%増加している一方、費用は6・5%増、経常利益率は3・3%から8・8%へと急増していること、また、利益剰余金は約2割増加しており、これは看護師等の現場従事者の+3%賃上げに必要な経費の約14年分に相当するなどと主張している。

 しかし、同資料に対し日本医師会などの関連団体からは「コロナ禍の特例措置等による変動が大きい直近3年間ベースに比較すること自体が、診療所が儲かっているという印象を与えるミスリードである」といった指摘がされている。

人気記事

厚生労働省  中央社会保険医療協議会<br>診療報酬上の対応など医療機関における賃上げのあり方について議論
2024-02-27
医療行政最前線

逆恨みの心理(逆恨みしてやめる職員)

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

逆恨みの心理(逆恨みしてやめる職員)
2023-01-04
医療行政最前線

相談するくせに話を聞かない人

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

相談するくせに話を聞かない人
2023-01-05
在宅医療最前線
医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
医療行政最前線

関連記事

厚生労働省  中央社会保険医療協議会<br>診療報酬上の対応など医療機関における賃上げのあり方について議論
2024-02-27
医療行政最前線

逆恨みの心理(逆恨みしてやめる職員)

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

逆恨みの心理(逆恨みしてやめる職員)
2023-01-04
医療行政最前線
医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
医療行政最前線
厚生労働省 2022 年度診療報酬改定<br>「機能強化加算」の要件を厳格化緊急往診等の実績を新設
2022-03-15
医療行政最前線