在宅医療最前線12/26号共通の敵を作る

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

2018-12-26

何度か職場内のイジメや仲間外れといった事を書きました。

その人は本当に仕事が出来なくてイジメられるのでしょうか。

人間性に問題があるのでしょうか。

ウソつきなのか

態度が悪いのか

そういうのは全く当てはまらない方がいます。

人間は共通の敵を作ると仲良くなる、という習性があるようです。
診療所内で特定の誰かを敵にする事で、その人達が仲良くなります。
イジメる事で絆を深めるという事のようです。

サラリーマンの世界では、アフター5にビールを飲みながら上司や会社の悪口を言ってストレスを解消します。
上司や会社を仮想の敵として、悪口を言う人たちが同志となります。

医療、介護の世界は女性社会です。
仕事が終わると買い物へ行って、家族の食事を作って、と主婦になるかたも多いです。
なんとなく「はけ口」がありません。
職場の仲間と深夜にLINEで誰かの悪口を書いて、ストレスのはけ口となるようです。

どうやら、マイナスの感情とマイナスの感情が掛け算になると、その2人の間ではプラスの感情になるようです。
もちろん職場の中のベクトルでは、マイナスの掛け算は大きなマイナスベクトルです。

この感情は一般の職場に限らず、中国や韓国が国民に対して対日感情をあおり、仮想の敵を作る事で、政府への批判に対し目くらましにする事と同じ行為です。
批判のベクトルを外に向けるという事になります。

診療所や病院の経営者もこういう手法を使う所があります。

「診療報酬が下がったんだから 仕方ないよね~」
「こんな点数にして厚生労働省は何を考えているんだ」

こんな事を従業員に言いながら、仮想の共通の敵を作っています。
経営陣も困っている、被害者だ、という印象を与えます。
要は、「敵の敵は味方」ということです。

女性は、男性よりも群れを作る事に長けています。
女性は、男性と比べると非力です。
生き残る為に群れを作るという本能があります。
草食動物は群れを作る事で肉食動物から身を守るという事です。
弱い動物が身を守る為の本能です。

この本能は組織の中では厄介です。
本能なのですから、実際には防ぐ方法が見つかりません。
人数に関係なく、女性の多い職場ではこの本能が現れます。

職場のトップが強いリーダーシップを持っている所では、この本能が出て来ません。
ライオンのオスや、猿山のボス猿がいるところでは秩序が守られます。
女性たちが身を守られているという安心感があるので、自分達で身を守るという本能は薄らぎます。

地域内のライバル病院、ライバル診療所、ライバル介護施設
こういう所に従業員が目を向けてくれると、一応、仮の共通の敵はできます。

しかし、従業員は何かの拍子に退職をします。
しかも、職場に不満を持って退職した場合はどうなるでしょうか。

そうです、「敵の敵は味方」なのです。

この退職者は、ライバルである近隣のライバル病院、ライバル診療所、ライバル介護施設へ転職して行きます。

経営陣は安易に近隣のライバル施設の悪口は言わない方が良いですよ。
良きライバル、地域の社会資源と思わないと、敵ばかり増えてしまいます。
隣の診療所と仲が良ければ、従業員はそちらには移りません。

「人の口には戸を立てられない」

まさにことわざの通りです。
他にも、

「好事門を出ず悪事千里行く」

ということわざもありますが、昔からこういう行為を禁止にする手立てはありません。


中村 哲生(なかむら てつお)
1965年生まれ
医療法人永生会 特別顧問
多くの医療機関の顧問を歴任
開業に関するコンサルは70ヶ所以上
在宅医療に関するDVD
著書「コップの中の医療村」
2017年APECに参加
年間100本ほどの講演を行っている。

人気記事

日本オンライン診療研究会 オンライン診療料の算定状況についてアンケート調査を実施
2019-03-20
キャリア
地域医療に貢献している製薬企業ランキング
2018-09-19
キャリア

共通の敵を作る

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

共通の敵を作る
2018-12-26
在宅医療最前線

アリバイ工作的な夜間の電話

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

アリバイ工作的な夜間の電話
2019-02-27
在宅医療最前線

関連記事

アリバイ工作的な夜間の電話

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

アリバイ工作的な夜間の電話
2019-02-27
在宅医療最前線

在宅医療が上手くいく「特殊性3ヶ条」とは

Dr.英 裕雄(新宿ヒロクリニック 理事長)

在宅医療が上手くいく「特殊性3ヶ条」とは
2016-04-27
在宅医療最前線

2歳の息子が「パパ、今日オンコール?」

Dr.渡辺 英靖(横浜まちだクリニック 院長)

2歳の息子が「パパ、今日オンコール?」
2016-04-27
在宅医療最前線

厚労省による「政策誘導」、読み解けますか?

中村 哲生(医療法人南星会 湘南なぎさ診療所・事...

厚労省による「政策誘導」、読み解けますか?
2016-05-27
在宅医療最前線