在宅医療最前線1/5号新規患者を断ってはいけない

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

2022-01-05

 病院からの診療情報提供書を見て、「あまりに重症過ぎるから断りたい」とかパーソナリティーに問題がある患者さんに対して入院を機に退院時の再受け入れを拒否したり医師も人間なので、断りたい患者さんもいます。

 こういう時、医師は「今、患者が多すぎて受け入れができないので、他の診療所を当たって下さい」とケアマネージャーに言ったりします。「患者が多すぎる」「キャパオーバーです」という理由は一見、当たり障りの無い断り方です。しかし「患者が多すぎる」「キャパオーバーです」とう理由は勝手に地域の中に広がります。しかもアッという間に

 地域のケアマネは○○診療所はもういっぱいみたいだよ。
 受けられないよ。こんな噂が広まると、全く新規の患者紹介が来なくなります。

 もう1つの患者のパーソナリティーに問題がというケース。実はキーパーソンの息子さんが反社会勢力の方、いわゆるヤクザさんです。どうもこの患者さんの家族が苦手だという事で入院をしたことを幸いに退院時に受け入れを拒否、「他の診療所を探すように」とケアマネジャーに言いました。しかも理由は先ほど同様「患者が多すぎる」「キャパオーバーです」と言います。

 そんなウソはすぐに解ります。訪問看護ステーションの看護師や担当ケアマネージャーからはあの先生は裏切った、ウソを付いたと言われ新規の患者は来なくなります。大変な患者を診ている、医師、看護師、ケアマネの方々はその時は皆さん同志なのです。その1人が逃げ出したという事ですから、他の人たちからは裏切り者になります。

 ウソの禊(みそぎ)の期間は概ね1年のようです。1年後からまた新規患者が紹介されるようになりますが1年間もの期間そのケアマネージャーさんの事業者と訪問看護ステーションからは新規患者さんの依頼が無くなってしまいました。


【執筆者のご紹介】
中村 哲生(なかむら てつお)
1965年生まれ
医療法人永生会 特別顧問
多くの医療機関の顧問を歴任
開業に関するコンサルは70ヶ所以上
在宅医療に関するDVD
著書「コップの中の医療村」
2017年APECに参加
年間100本ほどの講演を行っている。

人気記事

すぐやる人 やらない人

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

すぐやる人 やらない人
2022-01-25
在宅医療最前線
医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
キャリア

利益が出る在宅医療とは

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

利益が出る在宅医療とは
2019-01-30
在宅医療最前線

同一建物と単一建物

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

同一建物と単一建物
2019-06-26
在宅医療最前線

関連記事

すぐやる人 やらない人

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

すぐやる人 やらない人
2022-01-25
在宅医療最前線

利益が出る在宅医療とは

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

利益が出る在宅医療とは
2019-01-30
在宅医療最前線

同一建物と単一建物

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

同一建物と単一建物
2019-06-26
在宅医療最前線
在宅医療の届け出について
2018-09-26
在宅医療最前線