在宅医療最前線1/25号すぐやる人 やらない人

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

2022-01-25

 私がいる診療所はかなり大所帯です。医師24名、看護師13名、事務員9名、運転手16名、その他4名、合計42名体制です。
どこの会社や医療機関もそうでしょうが色々な人たちが集まっています。
「要領の良い人、悪い人」「仕事が出来る人、出来ない人」「すぐやる人、やらない人」とさまざまです。

 さて表題の「すぐやる人、やらない人」ですがすぐやる人の特徴ですが、仕事量は多いのに時間に余裕があります。逆にすぐやらない人の特徴は仕事量が少ないのにも係らず時間が足りない、いつもせかせかしている。とい人です。余裕がある人は早起きです。朝から時間に余裕があります。気持ちに余裕があるのでイライラしません。朝 洋服を着替える時にその場で服装を決めるのでなく前日の夜に翌日着る洋服の準備がされています。朝、その場で洋服を決める人の言い分は朝の気温や天気によって服装が違うから前日には決められないと言います。しかし前日に用意する人は天気予報などで事前にその日の天気まで考え洋服を用意します。こういった時間の使い方で朝の時間に余裕があるだけで、もうその日1日のスタートから差がついてきます。おそらくこの2人の仕事量すなわちその日の服装を決めて、着替えるという行為だけでも朝の時間に差が生じます。

 さてこの2人の差は時間だけでしょうか?
朝の時間忙しくバタバタする人は忘れ物も多いいという特徴があります。事前に準備をして朝の時間に余裕がある人は余裕がある分 忘れ物もしないという特徴があります。
もっとも最悪なのは朝起きて行き当たりばったりで準備をして時間が無いなかでもゆっくりゆっくり準備をしてそのまま平気で遅刻をする人はそもそも社会に適合しないという事になります。
在宅医療においては新規患者さんの依頼について初診日を決める、担当医を決める、訪問曜日を決める、家族やケアマネ、訪問看護ステーションなどとの調整を行う、薬局を決めるなどという物があるこの調整に時間がかかる人、すぐ対応する人に差がでてきます。
皆がいる所で電話をするのが恥ずかしい、話を聞かれたくないなどという人がいます。そういう人は仕事を後回し、後回しにしてしまいます。自分に自信がないなど1歩前に出られない方が居るようです。

 性格上で仕事が遅い方、生活習慣において仕事が遅い方、段取りが悪い方こういった方がすぐやらないという分類となってしまいます。すぐやる人は周りから見ているとすごく時間に余裕があります。仕事をこなすスピードが速いので時間に余裕があるように見えますが実は人よりも沢山の仕事をこなしている方が多いという事になります。


【執筆者のご紹介】
中村 哲生(なかむら てつお)
1965年生まれ
医療法人永生会 特別顧問
多くの医療機関の顧問を歴任
開業に関するコンサルは70ヶ所以上
在宅医療に関するDVD
著書「コップの中の医療村」
2017年APECに参加
年間100本ほどの講演を行っている。

人気記事

厚生労働省 2022 年度診療報酬改定<br>「機能強化加算」の要件を厳格化緊急往診等の実績を新設
2022-03-15
キャリア
医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
キャリア
厚生労働省 2022年度診療報酬改定<br>外来データ提出加算など算定開始は2023年10月から
2022-04-05
キャリア

同一建物と単一建物

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

同一建物と単一建物
2019-06-26
在宅医療最前線

関連記事

同一建物と単一建物

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

同一建物と単一建物
2019-06-26
在宅医療最前線

オンコールはブラックか否か

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

オンコールはブラックか否か
2022-05-17
在宅医療最前線

在宅医療の歴史

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

在宅医療の歴史
2019-01-30
在宅医療最前線

利益が出る在宅医療とは

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

利益が出る在宅医療とは
2019-01-30
在宅医療最前線