在宅医療最前線5/17オンコールはブラックか否か

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

2022-05-17

在宅医療において最大の課題は24時間体制です。
医師や看護師がオンコールを持っていると思います。1週間ごとにオンコール当番を交代制にしている所があります。患者数が少ない時期はそんない電話の本数は多くありませんのでスタッフも嫌々ながらもオンコールを持ってくれます。そのうちに患者数が増加すると、夜間のオンコールの本数も増加します。組織化された在宅診療所では人数に応じて交代制にしています。1カ月に1週間、もしくは数週間のうちの1週間となります。

さてここでこのスタッフとの雇用契約書を改めて見直して下さい。4週8休みとなっていないでしょうか?そして勤務時間には9:00~17:30と記載されていないでしょうか?
オンコール手当を別途支給していると思いますが改めてオンコールの時間を見ると下記の表の赤い部分を契約外の時間となります。この表の赤い部分は本来は休みの日となります。


はじめに書きましたが患者の少ない時期は特に気になりませんが患者が増加して日に4本とかオンコールが有れば自宅に居ても自由な時間にはならず医師との調整、入院手続きなどほぼ1日がかりとなります。もちろん毎回休みの日にこうなる訳ではありませんがこんな状況が続けば従業員の方は不満に思い退職していきます。もちろん本来ここには別途給料が発生しなければブラック企業として職員が労働基準局へ訴える者もあらわれる可能性があります。

各在宅の医療機関はこの赤線部分の対策はどのようにしていますでしょうか。基本的にはお金での解決しかないのですがこの赤線部分残業代として1.25倍で支払うのか、1回あたりの手当として支払うのか、クリニック内で拘束しているわけでは無いので回数に応じて手当という方が馴染むように思います。あとは金額です。年間の電話本数や患者数などを考慮して妥当な金額を各医療機関で設定する事が必要です。

是非、ご議論頂ければと思います。


【執筆者のご紹介】
中村 哲生(なかむら てつお)
1965年生まれ
医療法人永生会 特別顧問
多くの医療機関の顧問を歴任
開業に関するコンサルは70ヶ所以上
在宅医療に関するDVD
著書「コップの中の医療村」
2017年APECに参加
年間100本ほどの講演を行っている。

人気記事

夜間の電話はしっかり算定しましょう

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

夜間の電話はしっかり算定しましょう
2022-06-28
在宅医療最前線
医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
医療行政最前線
厚生労働省 2022 年度診療報酬改定<br>「機能強化加算」の要件を厳格化緊急往診等の実績を新設
2022-03-15
医療行政最前線

在宅医療の歴史

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

在宅医療の歴史
2019-01-30
在宅医療最前線

関連記事

夜間の電話はしっかり算定しましょう

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

夜間の電話はしっかり算定しましょう
2022-06-28
在宅医療最前線

在宅医療の歴史

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

在宅医療の歴史
2019-01-30
在宅医療最前線

御侍史 御机下

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

御侍史 御机下
2020-11-04
在宅医療最前線

同一建物と単一建物

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

同一建物と単一建物
2019-06-26
在宅医療最前線