在宅医療最前線1/18【在宅たかせ塾】第6回在宅医療の集い(在宅医療政治連盟)

髙瀬 義昌(医療法人社団至髙会 理事長)

2023-01-18

 在宅医療政治連盟をご存じでしょうか。在宅医療に従事する医師及び医療スタッフを会員とし、在宅医療の実践と研究の推進を目指し、国・地方公共団体に改善要望・提案等の政治活動を行う団体で、島田潔医師(板橋区役所前診療所)を会長として2017年に設立され、当方も副会長として活動してきました。

 今回、議員の団体である「在宅医療推進議員連盟」の代表である田村憲久議員と、事務局長の今枝銀にご登壇いただき、第6回「在宅医療の集い」を開催しますので、今回はそのご案内です。「在宅医療における現状と課題」「更なる高齢化と都市部と地方の人的/資源の違い、今後の人口構成や地域ごとの変化」「在宅医療とオンライン診療/マイナカードの課題」について議論を深める予定です。

-------------------------------------------------------------
開催日時;2023年2月7日(火) 18:30~(受付開始 18:00~)
会  場;全国町村会館 2階ホール (千代田区永田町1-11-35)
出 演 者 ;衆議院議員 田村 憲久 先生(在宅医療推進議員連盟会長)
     衆議院議員 今枝 宗一郎 先生(在宅医療推進議員連盟事務局長)
開催形式;会場参加とZoomによるオンライン参加(ハイブリッド開催)
定  員;会場100名まで、オンライン500名まで
参加費用;政治連盟会員 無料
     オフィシャルサポーター 10,000円(会場・オンラインどちらも同額)
                      ※サポーター特典あり
     一般参加 10,000円(会場参加)、5,000円(オンライン参加)
     ご来賓・ご招待・メディア参加 無料
申込締切;2023年2月3日(木) 23:00
申込:https://zaiirentsudoi6.peatix.com/
-------------------------------------------------------------
コロナ禍であり、会場の定員を絞らざるを得ない状況が続いていますが、在宅医療にかかわる医師、看護師、介護サービスにかかわる方々等、毎回多くの方に参加いただいています。どうぞふるってご参加ください。



【執筆者のご紹介】
髙瀬 義昌(たかせ よしまさ)
信州大学医学部卒業。東京医科大学大学院修了。
麻酔科、小児科を経て、包括的医療・日本風の家庭医学・家族療法を模索し、2004年東京都大田区に在宅を中心とした「たかせクリニック」を開業する。
現在、在宅医療における認知症のスペシャリストとして厚生労働省推奨事業や東京都・大田区の地域包括ケア、介護関連事業の委員も数多く務め、在宅医療の発展に日々邁進している。

人気記事

御侍史 御机下

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

御侍史 御机下
2020-11-04
在宅医療最前線
医師はブラック!? 186人の医師に聞いてみた(前編)
2016-06-21
医療行政最前線
厚生労働省 2022 年度診療報酬改定<br>「機能強化加算」の要件を厳格化緊急往診等の実績を新設
2022-03-15
医療行政最前線

在宅医療の歴史

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

在宅医療の歴史
2019-01-30
在宅医療最前線

関連記事

御侍史 御机下

中村 哲生(医療法人永生会 特別顧問)

御侍史 御机下
2020-11-04
在宅医療最前線

在宅医療の歴史

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

在宅医療の歴史
2019-01-30
在宅医療最前線

利益が出る在宅医療とは

中村哲生(医療法人永生会 特別顧問)

利益が出る在宅医療とは
2019-01-30
在宅医療最前線
“クレーム”なのか“クレーマー”なのか
~「誠意をみせて欲しい」は確定診断~
2019-04-24
在宅医療最前線